FC2ブログ

No Gadget, No Life.

ゲームや携帯を中心に不定期で更新しています

Galaxy Noteを店頭でさわってきた  

昨日の話なのですが軽く触ってきたのでレビューしたいと思います。



5.3インチだけあって大柄ですがとても持ちやすく驚きました。Galaxy Nexusよりも持ちやすかったと感じました。また重量も軽かったですね。外観はそこまで気にしていなかったのであまり書けません~~;


ソフトウェアですが操作性は悪くなくホーム画面はおなじみのTouchWizUIでした。多少のかくつきは見られましたがGalaxy S2と同等の動きをしていました。ブラウザのレスポンスもやはり想定していた通りサムスンの手が加えられており"ヌルサク"でした。ただスクロールの速度が2.3そのものの動作なので少し操作しづらいなと思う面もありましたが、ピンチインアウトやダブルタップでの拡大縮小も快適で文句なしですね。

そして触っていて驚いたのが画面回転のアニメーションも独自で実装されていたことです。Honeycombから画面回転のアニメーションは標準で備わっているのですが2.3以前は備わってなくただ画面が縦横に切り替わるだけでした。MotorolaのPhotonやRAZR等の一部の機種ではメーカー側のチューンが加わっておりアニメーションが表示されます。
国産のAndroid端末ではMEDIAS ESがブラウザを使用している際に画面を回転させるとアニメーションが表示されますが少し変わったアニメーションで個人的にこれならアニメーションがないほうがましだったと思いました。

端末を起動してまず触れるのがホーム画面です(ロック画面とか言わないでね)。

ドコモでは最近標準でPallet UIを採用していますが動作が他のホームアプリと比べて"モッサリ"なので早く改善していただきたいですね。そういう意味ではTouchWizUIは使いやすく動作が軽快であり、なによりも触っていて楽しいものだと感じます。


Galaxy Noteの魅力的な点は大画面であることです。手にとって触る前まで5.3インチは中途半端な端末であると思っていたのですがそれを覆されました。

Galaxy Nexusは片手で操作するには限界を感じ、画面の位置や操作しているときの状態により両手を使わないといけないときがあります。しかし両手で操作するには小さいなと思うことがあります。それはqwertyキーボードにて文字を入力しているときです。
基本文字入力も片手なので気になりませんが早く打ちたいときは両手を使います。しかしもう少し幅がほしいなと。
それをかなえたのがGalaxy Noteです。ちょうど片手で操作がしやすくqwertyキーボードでの文字入力はらくらくでした。
文字入力だけではありません。インターネットの閲覧やゲームなど大画面+高解像度の活躍の場はたくさんあります。またGalaxy NoteのセールスポイントであるSペンでの入力もしやすく視認性にも長けていました。

Sペンでの操作ですが文字や絵を描くのが楽しく、筆圧を感知するため方向性が広がると思います。またプリインストールのSメモの使い勝手が素晴らしく機能も優れていました。マップをトリミングしてメモに貼り付けた後Sペンでコメントを書いてメールで送るということもできてしまいます。非常に便利なので一台ほしいですね。

Sペンは書きやすいだけではありません。ペンを使ったジェスチャーも可能で「バックキー」「メニューキー」の代わりや画面キャプチャー、さらにはSメモの起動もできてしまいます。

日本語手書き入力システムとして有名なmazecの7notesも搭載しているのであらゆる操作をSペンで完結してしまいます。

しかしSペンでの入力から認識に0.1秒ほどのラグがあるので人によっては気になるかもしれません。しかしそれ以上に使いやすいです。

今後のSペン対応アプリの増加やさらなる機能の拡充に期待したいと思います。


Xiやワンセグ、NFCにも対応しているので電子手帳として使うだけでなく、大画面でワンセグの視聴や大容量バッテリーを搭載しているのでルーターとしても活用できます。これら以外にも活躍できる場は多くあると思います。
スポンサーサイト



Posted on 2012/04/13 Fri. 19:45 [edit]

category: タブレット

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://argon630.blog.fc2.com/tb.php/9-3f6a80e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード