FC2ブログ

No Gadget, No Life.

ゲームや携帯を中心に不定期で更新しています

Android版Echofonの通知機能が便利!  

Android版Echofonが一週間前にGoogle Playでようやく公開されましたが、他のTwitterクライアントより優れている機能を紹介したいと思います。


その機能はタイトルの通りなのですが、通知機能が非常に便利です。
通知機能というのは、リプライが飛んできたり、ふぁぼられた(お気に入りされた)時などにリアルタイムで通知してくれる機能です。

一体どこに通知されるのか?と言いますと、Androidの特徴でもある通知バーに現れます。
では、設定方法を説明していきたいと思います。


設定というほど難しいわけでもなくEchofonをインストールしてアカウントを通すとデフォルトで通知機能がオンになっています。しかしデフォルトだと通知音が発生したり、あらゆるものを通知する(リプライ、ふぁぼ、RT、フォロー、DM)ので人によってはありがた迷惑になるかもしれません。
ところが設定より通知を消す、もしくは種類を変えることや、通知する項目のカスタマイズをすることができます。


1.Echofonを開き、メニューより"Accounts"を選択します。

2.自分のアカウントが現れるので、自分のアカウントをタップします。

3.以下の画像のような画面が現れると思います。

Screenshot_2012-11-23-20-14-07.jpg



4.後は通知して欲しい項目はチェックを、してほしくない場合はチェックを外すと切り替えることができます。Mentionsだけはチェックではなくいくつかの選択肢から選ぶ形式となっています。以下がその画像です。

Screenshot_2012-11-23-20-15-31.png


"All"というのはリプライや非公式RT、QT、フォローされていない人からの自分が含まれたツイートが飛んできた場合に通知されます。その他の項目はそのままの意味です。

5.通知音を消したい場合は一番下の"Advanced ..."をタップし、"Notification sound"からNoneを選択すると消すことができます。


次は、通知された場合どのように表示されるのかを書いていきたいと思います。

これはAndroid 4.1(JB)とAndroid 4.0(ICS)以下とで表示形式が変わってきます。
JBから新機能で通知の展開が可能になり、通知領域で行える動作が増えました。Android 4.1.1では二本指で、Android4.1.2では二本指の方法だけでなく長押ししながら下ろすことでも展開が可能です。
しかしICS以下では展開ができないためJBより劣る部分があります。そのため少しだけ表示形式が変わります。リアルタイムで通知されないとかそういったものではないので使用していて問題になることはありません。

<ICSの場合>
Screenshot_2012-11-23-21-06-15.jpg


<JBの場合>
Screenshot_2012-11-23-21-06-26.jpg



少し見にくいですがICSとJBを比較すると、JBの方には"Reply","Retweet","Favorite"ボタンが付いていますがICSの方にはついていません。

JB以上限定ですが、ここから便利だと思うのが、"Reply"ボタンを押すとEchofonが開かれツイート画面に、"Retweet"を押すとEchofonに飛ぶことなくリツイートができます。また、"Favorite"もリツイートと同じようにEchofonに飛ぶことなくふぁぼることができます。


通知が届くのにかかる時間はどの端末でも同じでした。つまりAndroidのバージョンによる差異はないことが分かりました。

私の場合は普段はtwiccaを使っていますが、通知はEchofonを利用して、リプライなどが届いたときはtwiccaを開き返すという使い方をしています。

最後になりましたが、以下がEchofonのダウンロードリンクです。

Echofon for Twitter (Beta) - Google Play
スポンサーサイト



Posted on 2012/11/23 Fri. 21:31 [edit]

category: Android

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://argon630.blog.fc2.com/tb.php/49-7d7b524e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード