FC2ブログ

No Gadget, No Life.

ゲームや携帯を中心に不定期で更新しています

Galaxy Tab 10.1 LTEのレザーケースを買った  

IMG_20120428_150220_convert_20120430215115.jpg



基本的にスマートフォンはケースを付けない人なんですけれども、タブレットはさすがに付けたほうが持ち運びに気を使わなくていいかなと思ったので買ってみました。

Amazon
iBUFFALO docomo Galaxy Tab 10.1 LTE レザーケース(ホワイト) BSTPGT101LWH



<裏側>
IMG_20120428_150803_convert_20120430214719.jpg



<内側>
IMG_20120428_150829_convert_20120430214744_convert_20120430221105.jpg



<外側>
IMG_20120428_150842_convert_20120430214805.jpg




<はめた様子>
DSC_0170_convert_20120430222628.jpg




作りはなかなか頑丈で手触りもなかなかいいです。
また、タブレットをカバーにはめても上部の角と少し下にある留め具でがっしり抑えられているのでおちることはありません。
ベゼル上を覆う部分もないので薄さを損なうこともありません。


カバーを閉じてもカバーの先端にあるフックのような留め具でタブレットとうまく噛み合い勝手に開くことなく閉まります。


<閉じる様子>
IMG_20120428_152150_convert_20120430214825.jpg




<閉じたとき>
IMG_20120428_152214_convert_20120430214842.jpg



充電に関しては蓋を閉じていたりあるいは開けていてもできますが、蓋をして充電していたら開けることができず、また蓋をあけて充電をしていたら閉めることができません。

この辺りはどうしようもないですが長時間使用しない限り電池がなくなることもなく私の場合は基本的に寝ている間に充電をするので問題にはなりませんでした。


このカバーはスタンドにもなります。蓋側に2つのラインがついておりそこにタブレットをはめる形になります。
また先端の留め具にも置くことができ、さらに蓋を返して使用することも考えると最大で4点切り替えることができます。
蓋の部分にBluetoothキーボードを置くこともできるので便利です。


<スタンド>
DSC_0167_convert_20120430191818.jpg



総評ですがいい買い物をしたと思います。さすが元値が5000円するなと思いました(購入時は49%オフで2518円でした)。
このタブレットの持ち前の薄さがなくなることもなく頑丈なのでこれから気にすることなく外へ持ち運ぶことができます。
ただカバーが少し重たいです。これは頑丈であることとのトレードオフでしょうか。

具体的にどれくらいの重さであるかをまた量ってみたいと思います。
スポンサーサイト



Posted on 2012/04/30 Mon. 22:56 [edit]

category: Galaxy Tab 10.1 LTE/SC-01D

tb: 0   cm: 0

Xperia arc(SO-01C)にMIUI(ICS)を焼いた  

そろそろ公式ICSロムに飽きてきたのでMIUIを焼いてみました。


[ROM] Official MIUIv4 for LT18/5i (ArcS/Arc)
http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=1565194


カーネルは以前CWMが導入されたStock ICS Kernelを焼いていたので今回は焼かず。



以下は自己責任でお願いします


1.official MIUIv4 2.4.20のROMをダウンロード

2.SO-01Cに先ほどダウンロードしたzipファイルをsdcard上にコピー

3.CWMを起動しcashe/data/dalvik-cashe/をワイプ(こちらを行わないと起動時にエラー吐いていました)

4.CWMからinstall zip from sdcard→choose zip from sdcardと選択し、コピーしたzipファイルを適用

5.reboot system now

miuiv4settings



miuiv4home





2日ほど使ってみましたが少しもたつくことがありました。また通知バーの上げ下げの動作が少しかくついています。
カメラは純正と変わらずスマイル検出機能も使えました。


基本的な動作は公式ICSROMと大差ありませんでしたが、ギャラリーアプリはMIUI専用になっておりこちらの方が使いやすく感じました。iPhone風ギャラリーですね。
また、MIUIはテーマを適用できるので飽きたらステータスバーからロック画面までデザインを変えることができます。

ただ、テーマを適用した際一度だけブートロゴループに陥ったことがあります。
この場合CWMでバックアップを取っていなければ再びROM焼きをすることになりますので注意してください。


システムを日本語にしても設定やMIUIオリジナルのアプリは英語や中国語のままなので注意が必要です。
しかし設定に関しては他の機種とあまり変わらず、簡単な英語なのでそう難しいものではないと思います。

フォントがCJKフォントなのでまた入れ替えようと思います。

Posted on 2012/04/25 Wed. 22:31 [edit]

category: Xperia arc/SO-01C

tb: 0   cm: 0

Galaxy Tab 10.1 LTE(SC-01D)でFOMAカードを使う方法  

Galaxy Tab 10.1 LTEをFOMAカードをさしても使えない…。

というわけで検索してみると使う方法がありました。


原チャ青春を参考にさせていただきました。


以下はドコモの公式の方法ではありませんので自己責任でお願いします。


1.Playストアから「隠し設定メニュー表示」をダウンロード(Droid Phone Menuesというアプリでインストールされます)

2.Factory Modeを選択

3.テンキーがでてくるので「*#2263#」と入力

4.「WCDMA Band Preference」を選択

5.「WCDMA ALL」を選択

6.上部のメニューから設定を終了する


これでFOMAカードをさしても通信できることを確認しました。

Xiを再び有効にするには「*#2263#」を入力し「Automatic」を選択すれば戻ります。



SC-02Bはこちらの方法でSIMロック解除ができましたが、SC-01Dでも可能なのか確認してみました。


結果をいうとSIMロック解除できず…。しかしSC-01Dは公式のSIMロック解除があるので海外やその他キャリアで使うとなればそちらを利用すればいいですね。

Posted on 2012/04/24 Tue. 08:02 [edit]

category: Galaxy Tab 10.1 LTE/SC-01D

tb: 0   cm: 0

Galaxy Tab 10.1 LTEを買ってきた  

gt10h




4/20、Galaxy Tab 10.1 LTEがMNP一括0円だったので契約してきました。


外観ですが、プラスチックで囲まれていますがなかなか悪くありません。側面もシルバーでかっこいいです。
また、プラスチックの恩恵を受けてかとても軽いです。iPadに比べればチープですが単体で持つ分にはチープだとは思いません。



肝心のソフトウェアですが、不満な点が数点ありました。

まず、ホームでの動作が滑らかでない。
購入して初期の状態ではウィジェットがたくさん置かれていますが、それのせいでホーム画面がかなりがくがくしています。
それらを取り除いたら問題なく動いてくれますが気になりました。
しかしホーム画面からドロワーへの遷移中もかくかくしています。こちらはウィジェットをすべて取り除いても治ることなく今も同じ状態です。
Go Launcher等のホームアプリをいれて試してみたのですが、しっくりくるのはやはりデフォルトのホームでした。
この辺は7月以降とされるICSへのアップデートで改善されることを願います。


そしてマーケットもがたがたです。これはマーケットが重いのかそれとも端末依存なのか不明ですが使っていて不満が募ります。
スクロール関連が使いにくいと感じているのでひょっとしたらICSで改善されるかもしれません。

しかしその他アプリでの動作は良好でありCut the Ropeを始め複数のゲームをいれて楽しんでいます。
大画面なので迫力がありなによりも操作がしやすいですね。

Galaxy Nexusでも大きいと思っていましたがやはり10.1インチと4.67インチは違いすぎる…。



画面下部の「^」を押すと出てくるショートカットアプリはとても便利です。
よく使っているのはタスクマネージャーとペンメモ、そして電卓ですね。ペンメモはメモするために使っているのではなくなんとなく落書きとかするために…。描いた後は白紙に戻すので結局なにも保存されていません。

ブラウザのショートカットアプリとかあればなおよしでしたね。
Sony TabletはICSでGalaxy Tab10.1のようにショートカットアプリが配置されますがブラウザのショートカットもあるみたいなのでこちらもアップデートで追加してほしいですね。



IMEがいまいちかなと思いました。数字とアルファベットを打つのにわざわざ切り変えないといけないので面倒です。
かといってATOKやGoogle IMEをいれて使ってみてもキーボードが大きかったり気になる点があったのでやはりデフォルトに戻ってきてしまいました。



Galaxyシリーズはroot取ってsystemをいじらなくてもフォントを変えることができますが、現在ゆかりんフォントを使用しています。
この辺は便利だなと思います。気分転換に他のフォントにすぐ変えることもできますので。



スクリーンショットをワンタップでとれるキーがついていたりと細かい部分で使いやすいなと思う点がいくつもありICSアップデートが待ち遠しいです。


総評ですが、Honeycombタブレットとしてはこんなものかなといった感じです。7インチタブレットは比較的動きはよいのですが、10.1インチタブレットはGalaxy Tab 10.1 LTEを始めAT700等のタブレットも動作が芳しくありません。しかし普段アプリを使っている分にはあまり影響しないので許容範囲といったところでしょうか。
まだまだタブレット表示に対応していないアプリが多いので今後の拡充に期待したいですね。



ただ保護シートがなかなか売っていなかったりと周辺機器には苦労しています。
なのでアマゾンで注文しました。4/22現在では1806円のものが1054円に値下げされているのでとりあえず1枚注文しました。



Posted on 2012/04/22 Sun. 00:49 [edit]

category: Galaxy Tab 10.1 LTE/SC-01D

tb: 0   cm: 0

ICS(4.1.A.0.562)を焼いたSO-01Cを使ってみて  

so-01c





SO-01Cにarc Sの公式ICSROMを焼いて2日ほど経ちますが使用感のレビューをしたいと思います。

上の写真はICSを焼いたSO-01Cであり、ホームアプリは標準のXPERIAホームです。2.3のころのホームとは違いドックの境界線がありません。これはXperia NX等の2012年Xperiaのホームと変わりませんが、ウィジェットは今までと同じでした。

<Galaxy Nexus>

GalaxyNexus-widget


<Xperia Arc>

so-01c-widget


上のスクショのGalaxyNexusのホームアプリはApex Launcherですが標準で入っているホームとドロワーの形式は似ています。
標準ではウィジェットはドロワーから長押しで設置する方法でしたが、Xperiaホームは従来通り長押しから追加なのですがウィジェット一覧が上のXperia arcの画像のように変わりました。
見やすくなりましたが、読込中は少し重くなります。


Xperiaホームの使い勝手はなかなかよくホーム画面をフリックしてもサクサク動きます。この辺りは2.3時とほとんど変わりません。


ICSになりブラウザのレスポンスは大幅に上昇し格段に使いやすくなりました。今まではスマートフォン用ページでない限りスクロールしてもかくつくことがたくさんありましたがそのようなことはなくなりかくつくことはほとんどなくなりました。
重いといわれているユニクロのページでも全く問題なくピンチインアウトやダブルタップでズームしてもかくつくことはありません。
これだけでもICSにしてよかったと思える部分だと思います。以前のベンチマークの比較をした記事を書きましたが、そのvellamoのスコアが大きくあがったのが実感できますね。


ICSからChromeが使えるようになりました。標準ブラウザより使いやすいのでGalaxy Nexusでも常用していますが、SO-01Cにも入れて使ってみました。
しかし、タブのフリックで切る操作が重かったり、やはりスペックの問題か使いにくいと感じる点がいくつかあったのでSO-01Cでは標準ブラウザを使っています。


ホームアプリもGalaxy Nexusと同じくApex Launcherを使っていますが、Xperiaホームとは違いホーム画面のスクロールも少しかくつきます。しかしそれ以外問題は特に見られないので常用しています。




ホームキーを長押しすると最近使用したアプリ一覧がでてきます。また横にフリックすると表示から消すことができます。同じくブラウザでもタブがこのように消すことができ、これは使いやすいなと思いますね。

arc-task




2.3時ではロック画面はロック解除とマナーモードのオンオフでしたが、ICSになりロック解除とカメラ起動に変わりました。カメラ起動速度やシャッター速度は従来とあまり変わりません。

arc-rock




アップデートして操作しやすくなった面もありますが、あまり変わらなかったところも多いです。4.0.3では不具合がいくつかあるので4.0.4に期待したいですね。

また気になったところがあれば書いていきたいと思います。

Posted on 2012/04/17 Tue. 18:52 [edit]

category: Xperia arc/SO-01C

tb: 0   cm: 0

SO-01C(4.1.A.0.562)にCWMを導入する(要bootloader unlock)  

root化に続きCWMを導入してみました。

以下の作業はbootloader unlockが必須であり、fastbootのドライバも通していることを前提に書いています。また、自己責任でお願いします。

[Kernel][Arc S] Stock ICS Kernel 4.1.A.0.562 with CWM 5.5.0.4 [Max CPU Freq fix]

1.上記のカーネルをダウンロード

2.ファイルを解凍し、boot562v2.imgをCMDを実行するフォルダにコピー

3.SO-01Cの電源を落とし、Menuキーを押しながらPCとUSBで接続する。するとLEDが青色に光ります。

4.CMDを開き

fastboot flash boot boot562v2.img


を実行。こちらで実行してみたところ5分ほどかかりました。完了したときのスクショを取り忘れ伝えにくいですがコマンドが進まなくてもUSBを抜かずじっと待っていたら終わります。全然進まなくて焦って抜きそうになりましたが、注意してください。

5.flash終わった後、起動時にボリューム下キーを連打するとCWMが起動します。

Posted on 2012/04/16 Mon. 17:54 [edit]

category: Xperia arc/SO-01C

tb: 0   cm: 0

4.1.A.0.562を焼いたXperia arc(SO-01C)のroot化  

昨日公式ICSROM(4.1.A.0.562)を搭載したST18i(Xperia ray)のroot化ができるツールが公開されましたが、2011年XperiaシリーズのICSファームでもroot化できるツールが公開されました。


[ROOT] Rooting Toolkit for Xperia 2011 ICS [FW:.562]{LOCKED BOOTLOADERS ALSO}


以下は自己責任でお願いします。

1.USBデバッグにチェックをつける(設定/開発者向けオプション/USBデバッグ)

2.提供不明のアプリにチェックをつける(設定/セキュリティ/提供元不明のアプリ)

3.DooMLoRD_v1_Xperia-2011-ICS-ROOT-emu-busybox-su.zipをダウンロードする

4.ダウンロードしたファイルを任意の場所に解凍する

5.フォルダを開きrunme.batを開く前にPCとXperiaを接続しておく

6.runme.batを実行し説明に従う


以上でroot化とbusyboxのインストールがされます。こちらでも確認がとれました。

Posted on 2012/04/16 Mon. 17:26 [edit]

category: Xperia arc/SO-01C

tb: 0   cm: 0

Xperia arc(SO-01C)のICS前後のベンチマークの比較  

前回のSO-01Cに4.1.A.0.562を焼いてみたの続きです



ICSを焼いたのは昼なんですがまだほとんど触れていないのでまずベンチマークの比較からしていきたいと思います。



<antutu benchmark v2.7.3>

Android2.3.4

arc2.3.4-antutu



Android4.0.3

arc4.0.3-antutu


antutuは2.3.4が2816、4.0.3が3007と少し上昇しています。



<Nenamark1 v1.8>

Andriod2.3.4

arc2.3.4-nenamark1




Android4.0.3

arc4.0.3-nenamark1


Nenamark1では2.3.4が43.8fps、4.0.3が40.6fpsと少し下がっています。antutuでの3Dスコアは4.0.3のほうが高かったのですが…。



<Quadrant Standard Edition v2.0>

Android2.3.4

arc2.3.4-quadrant



Android4.0.3

arc4.0.3-quadrant


2.3.4は1182、4.0.3は1239と少しだけ高いのですが、2.3.4のほうは初期化後にquadrantで計測するのを忘れていて昨日初期化する前に計測したデータなので誤差があると思います。



<vellamo v1.0.6>

Android2.3.4

arc2.3.4-vellamo



Android4.0.3

arc4.0.3-vellamo


vellamoではICSでのスコアが大幅に上昇していて、Galaxy Nexusを超えました。ICSでJavascriptエンジンが改善されたからだと思います。それにしてもここまで変わるとは…。


以上の4つのベンチマークアプリで比較してみました。全体的にスコアは上がっているのではないでしょうか。特にブラウザ性能は大幅に向上しました。ベンチマークスコアがレスポンスにつながるわけではないですが、参考にはなると思います。

Posted on 2012/04/16 Mon. 01:32 [edit]

category: スマートフォン

tb: 0   cm: 0

SO-01Cに4.1.A.0.562を焼いてみた  

以下は自己責任であり、勧める行為ではありません。

4/14に公開されたarc S用ICSROMを焼いてみました

まず手順

1.Flashtool-0.6.9.1LT18_4.1.A.0.562_NCB.ftfをダウンロードしflashtoolは任意の場所にインストールする

2.Flashtoolを起動し雷アイコンをクリック

3.Flashmodeを選択する

4.LT18_4.1.A.0.562_NCB.ftfを選択する

そして以下のリンクの手順どおりにすればICSを焼けます。

http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=24825196&postcount=103


のちの記事でレビューをしたいと思います。

Posted on 2012/04/16 Mon. 00:14 [edit]

category: Xperia arc/SO-01C

tb: 0   cm: 0

Xperia arc S,ray,neo VにICSが配信されました  

以前からSony Mobileがβ版等のROMを公開していましたが本日公式ROMが配信されました。

まだXperia arc S,ray,neo Vのみですが、その他2011年XperiaのICSも決まっているので楽しみですね。

Posted on 2012/04/14 Sat. 23:41 [edit]

category: タブレット

tb: 0   cm: 0

Galaxy Noteを店頭でさわってきた  

昨日の話なのですが軽く触ってきたのでレビューしたいと思います。



5.3インチだけあって大柄ですがとても持ちやすく驚きました。Galaxy Nexusよりも持ちやすかったと感じました。また重量も軽かったですね。外観はそこまで気にしていなかったのであまり書けません~~;


ソフトウェアですが操作性は悪くなくホーム画面はおなじみのTouchWizUIでした。多少のかくつきは見られましたがGalaxy S2と同等の動きをしていました。ブラウザのレスポンスもやはり想定していた通りサムスンの手が加えられており"ヌルサク"でした。ただスクロールの速度が2.3そのものの動作なので少し操作しづらいなと思う面もありましたが、ピンチインアウトやダブルタップでの拡大縮小も快適で文句なしですね。

そして触っていて驚いたのが画面回転のアニメーションも独自で実装されていたことです。Honeycombから画面回転のアニメーションは標準で備わっているのですが2.3以前は備わってなくただ画面が縦横に切り替わるだけでした。MotorolaのPhotonやRAZR等の一部の機種ではメーカー側のチューンが加わっておりアニメーションが表示されます。
国産のAndroid端末ではMEDIAS ESがブラウザを使用している際に画面を回転させるとアニメーションが表示されますが少し変わったアニメーションで個人的にこれならアニメーションがないほうがましだったと思いました。

端末を起動してまず触れるのがホーム画面です(ロック画面とか言わないでね)。

ドコモでは最近標準でPallet UIを採用していますが動作が他のホームアプリと比べて"モッサリ"なので早く改善していただきたいですね。そういう意味ではTouchWizUIは使いやすく動作が軽快であり、なによりも触っていて楽しいものだと感じます。


Galaxy Noteの魅力的な点は大画面であることです。手にとって触る前まで5.3インチは中途半端な端末であると思っていたのですがそれを覆されました。

Galaxy Nexusは片手で操作するには限界を感じ、画面の位置や操作しているときの状態により両手を使わないといけないときがあります。しかし両手で操作するには小さいなと思うことがあります。それはqwertyキーボードにて文字を入力しているときです。
基本文字入力も片手なので気になりませんが早く打ちたいときは両手を使います。しかしもう少し幅がほしいなと。
それをかなえたのがGalaxy Noteです。ちょうど片手で操作がしやすくqwertyキーボードでの文字入力はらくらくでした。
文字入力だけではありません。インターネットの閲覧やゲームなど大画面+高解像度の活躍の場はたくさんあります。またGalaxy NoteのセールスポイントであるSペンでの入力もしやすく視認性にも長けていました。

Sペンでの操作ですが文字や絵を描くのが楽しく、筆圧を感知するため方向性が広がると思います。またプリインストールのSメモの使い勝手が素晴らしく機能も優れていました。マップをトリミングしてメモに貼り付けた後Sペンでコメントを書いてメールで送るということもできてしまいます。非常に便利なので一台ほしいですね。

Sペンは書きやすいだけではありません。ペンを使ったジェスチャーも可能で「バックキー」「メニューキー」の代わりや画面キャプチャー、さらにはSメモの起動もできてしまいます。

日本語手書き入力システムとして有名なmazecの7notesも搭載しているのであらゆる操作をSペンで完結してしまいます。

しかしSペンでの入力から認識に0.1秒ほどのラグがあるので人によっては気になるかもしれません。しかしそれ以上に使いやすいです。

今後のSペン対応アプリの増加やさらなる機能の拡充に期待したいと思います。


Xiやワンセグ、NFCにも対応しているので電子手帳として使うだけでなく、大画面でワンセグの視聴や大容量バッテリーを搭載しているのでルーターとしても活用できます。これら以外にも活躍できる場は多くあると思います。

Posted on 2012/04/13 Fri. 19:45 [edit]

category: タブレット

tb: 0   cm: 0

MEDIAS Tabを触ってきました  

今日Galaxy Nexusの修理が終わったと電話が入ったのでドコモショップへ行ってきました。
そしてそのついでにMEDIAS TabとGalaxy Noteをさわってきたので軽くレビューをしてみたいと思います。



<外観>
写真ではキーが下になっていますがキーの配置を見るにキーを横にして操作するのを想定して作られているのだと思います(NOTTVが視聴できるのでそれを想定してかなと)。
個人的にタブレットは3.0以上のようなナビゲーションキーが画面内に配置されている作りが好きなのでMEDIAS Tabは惜しいなと思っています。
しかしデザインがかっこよく片手で余裕でもてる大きさでした。また、写真を見てわかるようにインカメもついています。

DSC_0126_convert_20120412220304.jpg



背面は金属質の手触りでした。こちらも前面同様クールでかっこよかったです。また角は丸まっており刺さるようなことはありませんでした。タブレットでは初めてのおサイフ機能がついています。

DSC_0127_convert_20120412220425.jpg



<ソフトウェア>
長く触っていないためほとんどレビューできませんが2.3だなと思わせる動作で、やはり若干のかくつきがみられました。またブラウザの動作も悪くはありませんでしたが、よくもありませんでした。
しかしICSで大きく変わりそうなので期待です。通知バーを下ろすと他のMEDIASと同じトグルキーが見られ、ホーム画面もNEC独自のホームアプリでした。2.3の標準ランチャーに近いホームアプリで少しもっさり感が見られましたが、他のランチャーに変えてしまえば問題ありません。


ファームウェアバージョン:2.3.6

ベースバンドバージョン/M1100421

カーネルバージョン:2.6.35.11-perfncmc@ncmc #3

ビルド番号:A1100421


総評ですが、片手で持ちやすく、またそこまで重さも感じることなく使いやすいタブレットだと思います。
またICSへのバージョンアップも確定しているので今以上のレスポンスが期待できます。
おサイフにも対応しているので改札でピッもできこのタブレットならではの技だと思います。
今はエリアが狭いですがNOTTVも視聴できるので今後の番組、エリアの早期拡大に期待するのもありだと思いますね。

Posted on 2012/04/12 Thu. 22:23 [edit]

category: タブレット

tb: 0   cm: 0

Galaxy Nexusを使ってみて  

Galaxy Nexusを購入して1カ月と2週間ほど経ちました。中途半端ですが軽くレビューしてみたいと思います。



買う前からドコモショップで触ったりYouTubeでレビュー動画を見ていたので大体の挙動は分かっていましたが、やはり買って触ってみると違いがよくわかりました。



第一印象として大きいことですね。こちらはもうすでに分かっていました。おそらくほとんどの人が思うことなのではないでしょうか。
ディスプレイが4.67インチと大きくなった分筺体も大きくなりギリギリ片手で操作できますがSO-01C等と比べてみるとやはり少し操作性が落ちます。
外出中にちょっと触ろうと思っても落としそうになることがあります。しかしデュアルコア(OMAP4460)であり、また現時点で最新のAndroidOS:ICSの恩恵も受けてとてもサクサク動きます。



Exynos4210を採用したGalaxy S2等はまだ2.3でありGalaxy Nexusが発表される前、ICSがリリースされる前まではGalaxy S2等のデュアルコア端末のレスポンスの速さに驚いていました。
しかし今ではICSで改良されたスクロールやブラウザの使い勝手、またGingerBread(以下GB)以前よりも整ったUIによりストレスが減り今まで以上に使いやすくなりました。
特にスクロールが大きく変わってGB以前ではハイスペックであってもOSの仕様によりスクロールがガクガクすることがありました。
ブラウザもGalaxy S2等の一部の端末はメーカー側が独自でチューニングしているのでiPhoneに近い"ヌルヌル"した挙動を示すのですが、以前はスクロールと同じくガクガクで速く改善してほしいと思っていました。
こちらはOperaやFirefoxを使うことで回避できたのですが標準ブラウザのほうがインテントに強く操作性より機能面を重視していたため移りませんでした。
まだFroyoが主流だった時、GBでブラウザが変わるかなと思っていたのですが結局変わらずHoneycombで改善されました。



まずはUIが整ってきたことです。GBは黒を基調としたUIでした。
しかしICSは青や黒、また設定画面も大きく変わりHoneycombとよく似たUIとなりました。
タスクキーを押すと最近使用したアプリがみられ左右にフリックすると履歴を消去できます。
この左右にフリックすると消せる機能はブラウザのタブ一覧でも同じように操作できました。
このタスクキーはGB以前までのホームキー長押しと同じ機能です。
しかし画面上に常に現れているので使う機会が増えました。
ただ画面上に表れているだけでなく使いやすさも向上しているからです。
ICSが発表されたときメニューキー廃止には反対でした。しかし手にとって触ってみると以外と使えることがわかりました。
メニューがアプリ内に表示されることで今まで物理的にあっても活用する人が多くなかったから廃止したと見たことがあるのですがたしかにその通りだと思います。



次にアニメーションが豊富になったことです。iPhoneのようにアニメーションで画面の切り替えの遅さをごまかしているのではなく速さも兼ねながらアニメーションを表示しているので切り替えが早いです。
また画面回転のアニメーションも追加されました(Honeycombでもすでに実装されていましたが)。
しかし4.0.2の不具合で画面回転の反応が鈍く回転しなかったり時間かかることがよくあります。しかし4.0.4で修正されたみたいです。



3点目はICS以上のみ対応のアプリが使いやすいことです。
GmailやYouTubeは以前から使い勝手は良かったのですがICSになりさらに使いやすくなったと思います。
YouTubeに関してはWIFI時では今まではHQ動画が最大でしたがICS版ではHDで再生が可能になりました。ただその分読み込みに時間がかかることがありますが。



4点目はカメラのシャッター速度が速いことです。シャッター速度は連射ではないかと思うくらい速いです。
またロック画面からカメラが起動できるので起動から撮るまでほとんど時間かかりません。
こちらはICSから早くなったのかそれとも端末依存なのかはまだ他のモデルを触っていないので何とも言えません。



しかし個体によっては色ムラや早い時期から焼きつき、また黄色みがかっていることがあるみたいです。
現に私が持っているGalaxy Nexusは上記の現象が見られました。
しかし購入してまだ1カ月ということなのでドコモに持ちこんだら修理をしてくれました。
まだ返ってきていないので写真を上げることができないのですが返ってきたら添付しようと思っています。
まだブートローダーアンロックしてなくてよかったと思いましたね。(笑)



総評として非常に使い勝手がいいです。大きいディスプレイに慣れるとその他端末が小さすぎて逆に操作しずらいです。
OSが完成してきたからという理由もあります。AndroidはようやくICSで原点に立てたと思います。
これでようやく人にお勧めできるようになってきたかなと思いますね。他のハイスペック端末も早くアップデートされるべきですね。そうでないとその端末の本当の価値が見いだせないと思います。宝の持ち腐れと言いますか。
それくらい変わりました。細かいところを見ていくとさらに違いが分かるのですがこの辺にしておきたいと思います。

Posted on 2012/04/11 Wed. 21:55 [edit]

category: Galaxy Nexus/SC-04D

tb: 0   cm: 0

SO-01Cのブートローダーアンロック  

Omniusによるブートローダーアンロック行為はドコモの保証外です。自己責任のもとでお願いします。


XperiaにおけるAndroidアプリ考察さんを読んでいたらOmniusが4/10 9時まで無料で使えるということなのでさっそくSO-01Cのブートローダーアンロックを行いました。

実は3月初めからニュージーランドに行っていたのですがその際にSO-01CをOmniusでSIMロック解除して使おうと思っていました。
しかしタイミングよくSC-04Dが手に入ったのでそちらを公式のSIMロック解除を利用しニュージーランドで使っていました。
Omniusでブートローダーアンロックはは1700円ほどするのですがちょうどよかったです。ICSROM焼いて遊ぼうかな。

ちなみにニュージーランドでは現地のキャリアである2degreesのSIMをさしてSC-04Dで使ってたのですが、今回SO-01Cに差してSIMロック解除されているか確認しました。→ちゃんと認識されています


2degrees確認

Posted on 2012/04/10 Tue. 01:28 [edit]

category: Xperia arc/SO-01C

tb: 0   cm: 0

所有している端末の紹介  

本当はそれぞれの端末に対して1つの記事を書きたかったのですが、めんどくさくなったのでまとめちゃいました。

一つ目は昨日紹介したSC-02Bですが、その約1ヵ月後にIS01とIS02を契約しました。端末代が新規0円で月々の使用料もISデビュー割によって相殺されユニバーサルサービス料である5円だけ支払っています。IS01はCM6焼いて遊べたのですがIS02はwindows Mobileでいまいち使い勝手がよくないと感じ、結局ほとんど触らずです。売るにしても買い取り値が安いのでそれなら所持していたほうがましです。

次に手に入ったのはN-04Cです。5000円で買いました。2.2から2.3にバージョンアップして動作速度は上昇しましたが、肝心のタッチパネルの精度がいまいちなので使いにくいです。特にroot取ったりもしていません。

5台目はSO-01Bです。12月終わりに譲ってもらいました。ドコモ標準のROMではガクガクのモサモサで常用する気にはなれなかったのですが、ThGo2ROMを焼くとペリアとは思えないほどの動作で感動しました。しかしN-04Cほどではないですがタッチパネルの精度が芳しくないし動作速度が向上したといってもSC-02Bのほうが使いやすかったのでメインになることはありませんでした。

その1ヶ月後にSO-01Bの後継機であるSO-01Cを2万5000円で購入しました。白ロムです。買ってから2週間後にドコモ公式での価格が下がり機種変で1万円で買えるようになったのでちょっと後悔しました。でも動作は快適でデザインもかなり良くとても使いやすいです。個人的にこのサイズがベストだと思っています。4インチだとちょっと小さすぎるかな、4.5インチを越えると大きい、4.2インチがちょうどいいという結論にたどり着きました。ただ、内蔵ストレージがSC-02Bの1/16で1GBしかありません。またアプリをインストールできる領域は322MBしかなくちょっとアプリをいれただけで警告がでます。SDカードに移せるので出来る限り移しますが大容量のアプリがよりによって移せなかったりするのでやはりこの領域は大きいほうがいいです。最近のハイエンド端末はどれも大容量なので不満はありませんが。

SO-01Cが届いてから約2週間後かの有名なリファレンス機のSC-04Dがやってきました。ドコモ公式での値が下がりミドリ電化で機種変1万円でやっていたので飛びつきました。ドコモのポイントと機種変割引の紙を使い2100円ほどで買えました。2.3でも十分使えていましたが4.0触ってあらまあ2.3端末が使いにくくなったではありませんか。スクロールの違いやブラウザや基本動作のレスポンスの向上です。デュアルコアだからというのもあるかもしれません。ArcにICSがあと少しでやってくるみたいなので楽しみですね。iPhoneにも負けないくらい使いやすくなってきたので後はアプリの拡充ぐらいですか。この1年間で大きくAndroidが変わりました。

Posted on 2012/04/09 Mon. 22:35 [edit]

category: タブレット

tb: 0   cm: 0

いまさらながらGalaxy Sの紹介  

初めて手に入れたAndroid端末、それがSC-02BことGalaxy Sです。

まずスペックを見て生きたいと思います。

SoC:Exynos3110
現在では少し物足りないですが、当時では特にGPUが目立っていました。SGX540です。ほぼ同時期に発売された(世界で)iPhone4のチップはApple A4でGPUはSGX535でした。ゲームに強く3Dのゲームでも余裕で動きます。ただ画面が4インチなのでちょっとしずらいですね。

Resolution:480*800 SUPER AMOLED Display
有機ELなので黒がとてもきれいで液晶の端末と比べると一目瞭然です。しかし擬似解像度なので文字が若干つぶれて見えます。拡大すると気にならないのですが、WEBサイトを全体表示した際細かい字がつぶれて見えます。また、白が若干青みを帯びています。これは有機ELの特性上仕方ないのですが。また使用していくと焼きつきが徐々に目立ち始め、通知バーの部分がよくわかります。普段は通知バーと重なっているのでわかりにくいですが、通知バーを消して白の画面を表示すると焼きついて青くなっています。

GalaxyS焼きつき

Storage:16GB(microSDHCで32GBさらに拡張可能)
これは現在ではハイスペックな端末では標準となってきましたが、当時はそうではありませんでした。大容量ストレージでアプリのインストールできる領域が1.87GBと普通に使っていればまず困ることのないものです。これはおそらくiPhoneをまねたと思うのですが、これはいい部分をまねたと思います。

Camera:5MP
カメラは知識がなく評価はできませんが、暗い部分に弱いです。フラッシュが付いていないので露出補正するしかありません。

メモリは512MBと一般的でHD動画撮影可能、これもハイエンド端末では一般的でした。

これで気に入ったのはSoCとストレージでした。海外モデルを元としたものなのでroot奪取やレスポンスに不満がないだろうというのもありました。

ソフトウェア面ですが、発売当初は2.2 その後2.2.1にマイナーアップデート。Gingerbreadが発表されて半年後に2.3.3にアップデートされすぐに充電関連のバグフィクスアプデ。そして数ヵ月後に2.3.6のアップデートがされました。
こう見ると結構アップデートが繰り返されています。
アップデートを重ねるたびに標準ブラウザの使い勝手が向上し、現在ではメインのブラウザとなっています。Samsung独自のチューンがなされていてとても使いやすいです。2.3.6アプデでスクロールで端に当たった際にバウンドするアニメーションが廃止され、EdgeGlowに変わりましたが個人的にこちらのほうが好きです。GPUがそこそこいいので3Dゲームもぐりぐり動かすことができ、持ち前の大容量ストレージのおかげで複数のアプリをインストールできます。国際版で発生していたプチフリも国内版ではほとんどその現象は見られず非常に使いやすいです。
現在はカーネル職人ことkyapaさんのカーネルを焼いて使用していますが、安定していてスリープ時の電池もちがとてもいいです。5時間に1%です。また、通知LEDが付いていないのですが、BLNというアプリで補っています。

もう少しレビューしたいのですが疲れました(笑
また、機種が古いため誰得状態ですね。
まあ見返したときにこんなのだったなってなればいいや、備忘録になってます。

Posted on 2012/04/08 Sun. 19:18 [edit]

category: Galaxy S/SC-02B

tb: 0   cm: 0

そもそもなぜスマートフォンがほしかったのか  

なぜスマートフォンがほしかったのか

それはSO-01BことXPERIA X10(以下:ペリア)が発売されてからのことになります。

とある日にペリアの記事を読みGoogleマップが使えること、フルブラウザがフィーチャーフォンと違ってぐりぐり動かせることに興味を持ちました。発売してから1ヵ月後に友人がペリアに機種変をし触らせてもらいましたが今までそのような機種を触ったことがなく新鮮味を感じより欲しいという気持ちが高まりました。しかしその友人がほかの人と端末がかぶるのが好きでないみたいなのであきらめました(軽
それをきっかけにスマートフォン関係の記事に触れるようになり6月ごろだったか、ドコモの山田社長がGalaxy S(ギャラエス)をチラ見せのような感じで発表しました。発売は10月ごろになるということで待ち遠しかったです。ギャラエスを調べていくにつれて欲しくなっていきました。当時はSamsungはいい印象がなく、またギャラエスがiPhoneに酷似しているということで躊躇していましたが徐々に悪い印象が薄れていきました。iPhoneに酷似しているというのはハード的な問題でどうしようもありませんが、アメリカのAT&Tで発売されたSamsung Captivateのような国際版Galaxy Sと違ったカスタマイズされた状態でのリリースもあったのでもしかしたら改善されてるかもしれないと期待もありました。
そして10月、公式発表で発売日時も確定しました。結局デザインは国際版と変わらず。それどころかインカメラがはずされ改悪された状態でしたが当時ではハイスペックな分類で非常に魅力的でした。10月28日発売日当日に購入を決め今に至ります。現在ではメインとして使わずサブ機となりましたが、今でも現役で戦えるなかなかの良機だと思っています。

次回はそのGalaxy Sの紹介をしたいと思います。

Posted on 2012/04/08 Sun. 18:50 [edit]

category: 日記

tb: 0   cm: 0

はじめまして  

ブログを作っては放置を繰り返して再びブログをやり直しました。

日記だけでは続かないので趣味のガジェット関係等のニュースやレビューも書いていきたいと思います。

所有しているスマートフォンが数台あるのですが少しずつ紹介していきたいと思います。(古いけど

Posted on 2012/04/08 Sun. 17:50 [edit]

category: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード