FC2ブログ

No Gadget, No Life.

ゲームや携帯を中心に不定期で更新しています

いまさらながらGalaxy Sの紹介  

初めて手に入れたAndroid端末、それがSC-02BことGalaxy Sです。

まずスペックを見て生きたいと思います。

SoC:Exynos3110
現在では少し物足りないですが、当時では特にGPUが目立っていました。SGX540です。ほぼ同時期に発売された(世界で)iPhone4のチップはApple A4でGPUはSGX535でした。ゲームに強く3Dのゲームでも余裕で動きます。ただ画面が4インチなのでちょっとしずらいですね。

Resolution:480*800 SUPER AMOLED Display
有機ELなので黒がとてもきれいで液晶の端末と比べると一目瞭然です。しかし擬似解像度なので文字が若干つぶれて見えます。拡大すると気にならないのですが、WEBサイトを全体表示した際細かい字がつぶれて見えます。また、白が若干青みを帯びています。これは有機ELの特性上仕方ないのですが。また使用していくと焼きつきが徐々に目立ち始め、通知バーの部分がよくわかります。普段は通知バーと重なっているのでわかりにくいですが、通知バーを消して白の画面を表示すると焼きついて青くなっています。

GalaxyS焼きつき

Storage:16GB(microSDHCで32GBさらに拡張可能)
これは現在ではハイスペックな端末では標準となってきましたが、当時はそうではありませんでした。大容量ストレージでアプリのインストールできる領域が1.87GBと普通に使っていればまず困ることのないものです。これはおそらくiPhoneをまねたと思うのですが、これはいい部分をまねたと思います。

Camera:5MP
カメラは知識がなく評価はできませんが、暗い部分に弱いです。フラッシュが付いていないので露出補正するしかありません。

メモリは512MBと一般的でHD動画撮影可能、これもハイエンド端末では一般的でした。

これで気に入ったのはSoCとストレージでした。海外モデルを元としたものなのでroot奪取やレスポンスに不満がないだろうというのもありました。

ソフトウェア面ですが、発売当初は2.2 その後2.2.1にマイナーアップデート。Gingerbreadが発表されて半年後に2.3.3にアップデートされすぐに充電関連のバグフィクスアプデ。そして数ヵ月後に2.3.6のアップデートがされました。
こう見ると結構アップデートが繰り返されています。
アップデートを重ねるたびに標準ブラウザの使い勝手が向上し、現在ではメインのブラウザとなっています。Samsung独自のチューンがなされていてとても使いやすいです。2.3.6アプデでスクロールで端に当たった際にバウンドするアニメーションが廃止され、EdgeGlowに変わりましたが個人的にこちらのほうが好きです。GPUがそこそこいいので3Dゲームもぐりぐり動かすことができ、持ち前の大容量ストレージのおかげで複数のアプリをインストールできます。国際版で発生していたプチフリも国内版ではほとんどその現象は見られず非常に使いやすいです。
現在はカーネル職人ことkyapaさんのカーネルを焼いて使用していますが、安定していてスリープ時の電池もちがとてもいいです。5時間に1%です。また、通知LEDが付いていないのですが、BLNというアプリで補っています。

もう少しレビューしたいのですが疲れました(笑
また、機種が古いため誰得状態ですね。
まあ見返したときにこんなのだったなってなればいいや、備忘録になってます。
スポンサーサイト



Posted on 2012/04/08 Sun. 19:18 [edit]

category: Galaxy S/SC-02B

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

リンク

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード